ケーアウトの正しい使い方・効果的な使い方は?

ケーアウトの使い方についての疑問

ネットで大変な話題となり、今やヒット商品となっているのが抑毛石鹸のケーアウトです。

 

その目的はやっかいなムダ毛を大元から減らしていこう、というもの。
暑い季節は特にムダ毛が気になりますが、暑くなくてもムダ毛の処理はサボれないですから、手軽にできるムダ毛処理ということで注目している人は多いのでしょうね。

 

そんなケーアウトですが、「使い方はどうすればいいの?」という疑問を感じている方が意外に多いようです。
ケーアウトは石鹸ですから使い方はシンプルなのですが、ムダ毛を減らすという機能があるせいで、「何か特殊なことをしなくてはいけないのでは?」と考えてしまう人が少なくないのでしょうね。

 

そこで、ここではケーアウトの正しい使い方・効果的な使い方を解説してみたいと思います。

 

ケーアウトの正しい使い方

まずはケーアウトの正しい使い方ですが、お風呂に入った時に減らしたいムダ毛が生えている部分をケーアウトを使って洗うだけで大丈夫です。
洗う時は、よく泡立てムダ毛が生えている部分に泡がまんべんなく行き渡るようにして優しく洗うようにして、洗い終わったら泡が残らないようにお湯で流します。
それ以外に特別なことをする必要はありません。
腋や腕・足、そしてVIOといった部分に使うことができます。

 

ケーアウトは泡立ちがよくモチモチな泡ができますから、ムダ毛の部分に楽に広げることができます。
洗い上がりはさっぱりとしていますが、適度にうるおいが残っている感じになります。

 

ケーアウトは、1回使っただけでムダ毛がきれいさっぱりなくなってしまう、というわけにはいきませんが、継続して利用するうちに目に見えてムダ毛が薄く、そして目立たなくなっていきます。
これはケーアウトに配合されている抑毛成分であるラレアディバリカタ葉エキス・ダイズ種子エキス・パパインなどの成分の働きによるものです。
これらはどれも天然由来の成分であり、肌にダメージを与える恐れはありません。

 

ケーアウトの効果的な使い方

また、効果的な使い方としては、濃いムダ毛が生えている箇所に、ケーアウトをよく泡立ててその泡をパックのように塗って数分待つというものがあります。
裸の状態でしばらく待たなければいけないというのがネックですが、ムダ毛が減っていくスピードは速くなりますよ。

 

この場合も、終わったら泡が残らないようによく洗い流すようにしてください。

 

ケーアウトを使う時に気をつけたいこと

そして、ケーアウトを使うなら、保管に気をつけるようにしましょう。
使い終わったら水分を取り、よく乾燥させる必要があります。
また、直射日光には当てないようにしなければなりません。

 

これらはケーアウトを劣化させずに少しでも長く使い続けるために大事なことなので、忘れないようにしてください。

 

最後に、おわかりかと思いますがケーアウトは毛を減らす・薄くする働きのある石鹸ですから、髪の毛は洗わないようにしましょう。
その働きにムダ毛・髪の毛の区別はありませんからね!!

 

 

↓↓ケーアウト(K-OUT) 公式サイト↓↓

 

ケーアウトの口コミ・効果を見てみる